会社情報

安全への取組み

安全管理体制

弊社トップの「安全と法令順守は全てに優先する」この一言にサンエイの安全姿勢が集約されています。

労働安全衛生は事業主の責務であることを根底に、経営に組み込まれたマネジメントが必要です。お客様へのサービス提供において品質・納期・コストはもとより、より安全に業務を遂行いたします。

サンエイでは、従来の再発防止型の安全衛生管理から未然防止型の安全衛生管理へと移行しております。

結果の評価のみでなく、安全衛生管理の過程を評価する仕組(OSHMS)と、従来から蓄積してまいりました安全活動ノウハウ、危険予知ミーティング(KYM)・安全パトロール・安全指導など現場の安全活動と、管理監督者から第一線作業者全員の安全意識ベクトル合わせの双方向情報交換コミュニケーション活動を積極的に展開しております。

安全管理体制

OSHMS (労働安全衛生マネジメントシステム)

  • 平成18年7月重機事業部認定取得
  • 平成20年1月建設事業部認定取得
  • 平成21年4月サービス事業部認定取得
  • 平成21年4月環境事業部認定取得
  • 平成22年5月営統事業部認定取得
  • 平成22年5月物流事業部認定取得
  • 平成22年5月車両事業部認定取得

安全衛生基本方針

人命を尊重し、労働災害のない明朗で快適な職場環境作りをし、安全が全てに優先することが基本理念であり、サンエイの社会的責任である。
私たちは「安全尊重」を社風とする「真の無災害職場」を築くため、次の事項を積極的に推進する。

  1. 労働災害ゼロを目指し安全衛生活動を推進するため、労働安全衛生管理体制「OSHMS」の整備と実践活動を一層強化推進し、適切に運用する。
  2. 事業活動による危険又は有害要因を排除するため、従業員並びに全仕入先が結集しP-D-C-A管理サイクルを適切に運用し継続的な安全衛生活動に取り組み、その成果の維持、向上に努める。
  3. 安全を確保するために労働安全衛生に係わる法令並びに、会社で定めた安全衛生に係わる規定及び、私どもが同意するその他の要求事項を遵守する。
  4. この安全衛生方針を文書化し、全ての従業員と仕入先に周知を図る。(重機事業部)

PAGE TOP